Top >  プロポリスの効能 >  プロポリスを使ったアピセラピーとは?

スポンサードリンク

プロポリスを使ったアピセラピーとは?

プロポリスをはじめ、蜜蜂の製品を使った医療行為をさして『アピセラピー』という言われることがあります。これは、ラテン語でミツバチを「アピ」、アピ(ミツバチ)によるセラピー(治療)から来たもので、複数の 古代文明 において人や動物の治療に利用された記録があり、とても歴史がある治療法です。

プロポリスをはじめ、ハチミツ・ロイヤルゼリー・花粉・蜂の子といった蜜蜂由来の物質を使用して治療します。
アピセラピー治療のひとつの柱として、『蜂針治療法』というのものがあります。

これは、病気などの治療にみつばちの毒に含まれる有効成分を利用するという考え方が基本です。鍼灸と同じく肌に痛み刺激に加えるとともに、みつばち毒を接種し、その毒の成分により自律神経系を調節する効果を得るものです。
多発性硬化症、リューマチなどを治療するとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスのニュージーランド産  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとハチアレルギー  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。