Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの検査とは?

スポンサードリンク

プロポリスの検査とは?

プロポリスは、プロポリスの原塊を見ただけでは、なかなか良し悪しの判断がつきません。原塊の中には不純物も入っていますし。見た目ではわからない有害な物質も混入している危険性もあります。そこからアルコール抽出法などの製法によって、プロポリスが抽出され製品になります。

そこで、どのような検査をしたうえで製品になったのかを詳しく知る必要があります。設備の整ったメーカーであれば、フラボノイド含有量・カビの混入・細菌の混入・色・味・溶解度などのチェックは出来ると思います。
ところが、重要なのは農薬類・テトラサイクリン類・PCB・重金属などまで検査しているかどうかということです。例としては、プロポリスの原塊を採取するときに、ミツバチの巣箱に塗られたペンキが剥がれ落ちたとします。これが、大きくペンキがはがれていれば見た目で判断がつきまが、微量に含まれている場合は検査しなければわかりません。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの保存方法とは?  |  トップページ  |  次の記事 これは信用できるプロポリスか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。