Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの薬理作用とは?

スポンサードリンク

プロポリスの薬理作用とは?

プロポリスはまだ研究の段階なのです。そのため成分や薬理作用が全て解明されているわけではありません。
そして、プロポリスは天然の成分であり、すべて同じものから作られているわけでもありません。
プロポリスの元になっている植物(これを起源植物といいます)は、その環境によって異なります。したがって、これからの課題はどのようなプロポリスが何に有効なのかということです。
また人によると、プロポリスは外用にも内用にも有効なことから「万病に効く」という言い方をします。
一般的に効果があったといわれているのは、外用ではやけど、水虫、アトピー性皮膚炎、ウィルス性皮膚疾患などで、また内用では胃炎、潰瘍、大腸炎、膀胱炎、喘息、気管支炎などです。ものもらい、口内炎、歯槽膿漏などにもよいとされています。
もちろん医薬品ではないため、粗悪品が混ざっている場合があります。プロポリスの知識をたくさん得てから購入されることが肝心です。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスはミナスジェライス州だけなのか?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの保存方法とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。