Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの接触性皮膚炎

スポンサードリンク

プロポリスの接触性皮膚炎

プロポリスには強力なアレルギー物質が多く含まれているといわれています。
プロポリスによる重篤な障害については、肝機能障害の報告が複数されているそうです。
他にも腎機能障害の報告もあり、また皮膚にも蕁麻疹、紅斑、丘疹など飲用後や接触性皮膚炎などを起こしやすいです。
中でもプロポリスの副作用で、よく聞かれる接触性皮膚炎とは、皮膚に接触した物質の刺激、あるいはアレルギーによって生じる皮膚炎であり、アレルギー性の接触皮膚炎は、この場合はプロポリスにアレルギーをもつ人の皮膚にその物質が接触することによって起こる皮膚炎です。
プロポリスのアレルギー性接触皮膚炎は、プロポリスに触れてから12時間後あたりよりかゆみが始まります。その後肌が赤くなり、24~48時間後には腫れや水疱などが認められます。
その後、次第に症状が軽くなっていきます。しかし、接触皮膚炎は慢性的に繰り返すと、皮膚には厚い紅斑ができ、かき傷やかさぶたなどができてしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 古くなったプロポリス製品  |  トップページ

         

更新履歴

アテニアBBクリームの効果についての口コミ
アテニアBBクリームの使い方をシェアします
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。