Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの副作用 肌とアレルギー

スポンサードリンク

プロポリスの副作用 肌とアレルギー

プロポリスは、特に敏感な肌や,、アレルギー体質の肌を刺激してしまうことがあります。これは、単なる皮膚刺激ではなく、免疫機構に基づく反応で、「皮膚感作」「皮膚感作作用」「皮膚アレルギー反応」などと言いますが、それらを総称して「感作作用」と言います。
プロポリスには、感作作用を引き起こすアレルギー物質が多く含まれているといわれています。

そのようなプロポリス製品を使用する際は、まず、パッチテストを必ず行う必要があるでしょう。
パッチテストは、腕の内側など目立たない箇所にプロポリスの液などを薄く10円玉程度の大きさに塗ります。その日はできたら入浴は避けるか、テスト部分を洗わないようにして1~2日ほど様子を見ます。
そのまま皮膚に問題がないようでしたら、プロポリスによる影響は少ないと考えてよいでしょう。
ただ、体質は変化しますので、少しでも「?」と思ったらプロポリス製品の使用を中止することも大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと花粉症についての注意  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスと副作用 腎機能・肝機能障害について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。