Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスによる接触性皮膚炎とは?

スポンサードリンク

プロポリスによる接触性皮膚炎とは?

プロポリスの副作用としてもっとも多いのが、接触性皮膚炎であるといわれています。
1997年に皮膚科の臨床という雑誌に掲載された例で、プロポリスによる接触性皮膚炎が報告されています。この論文では、このときまで日本ではプロポリスによる接触性皮膚炎は22例報告されているそうです。著者は「成分が一定でなく、医学的に有用性が明らかでないいわゆる「自然食品」を、副作用のまったくない万能薬のように考え、皮膚病変に外用することは望ましくない。」と述べています。
プロポリスによる接触性皮膚炎をおこした方は、アレルギー体質の方が多いとされています。

また、レアケースではありますが、プロポリスの使用により肝障害受けた人もいるようです。これもやはりプロポリスに対して強いアレルギー反応がある人でした。アレルギーをお持ちの方は、プロポリスの使用は控えるほうがよいでしょう。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの副作用とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスと健康食品の関係とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。