Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの副作用 汎発性血管内凝固症候群(DIC)

スポンサードリンク

プロポリスの副作用 汎発性血管内凝固症候群(DIC)

プロポリスには、汎発性血管内凝固症候群(DIC)を引き起こす副作用があると報告されています。


この汎発性血管内凝固症候群は、体中の血管の中で血液が固まることで凝固因子や血小板が消費されて出血が起こりやすくなる病気とされています。また、白血病やがん、敗血症などに合併する恐れもあるようです。


プロポリスを摂取し、発疹や肝機能障害を起こした方が、治った後もプロポリスを摂取し、汎発性血管内凝固症候群にまでなってしまったという事例も報告があるようです。


ただ、汎発性血管内凝固症候群を発症した方は、プロポリスエキスのパッチテストを行うと、プロポリスのアレルギー反応がでたそうです。


もっとも、プロポリス配合などの食べ物だけでここまで陥るケースは極めて稀だと言えるでしょう。
もし、少しでも不安があれば、プロポリスを本格的に摂取する前に、パッチテストなどでアレルギー反応が出ないか調べる必要があるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとミネラル2  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとローヤルゼリーとの違い  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。