Top >  プロポリスと副作用 >  プロポリスの好転反応1

スポンサードリンク

プロポリスの好転反応1

プロポリスを続けて服用した場合「好転反応」が出るという表現がされることがあります。では、プロポリスの好転反応とはどのような状態をさすのでしょう。プロポリスの副作用やアレルギー反応のことなのでしょうか?

プロポリスの好転反応というのは、漢方や民間療法などで使われる言葉だそうです。漢方では、その薬の効果が優れていればいるほど、その効果の現れ方も激しいとされています。これを「瞑眩(めんげん)」よんでいます。

この瞑眩とは、もともとは「めまい」を意味し、「漢方で治療する場合、治る前に先立って現れる一過性の激症」のことを指すのです。
プロポリスの場合も、他のサプリや漢方薬と同じで、人により個人差が生まれます。プロポリスを飲んで数日で好転反応反応が出る人、数週間後に出る人、プロポリスでは好転反応が出ない人などさまざまなようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと活性酸素  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの好転反応2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。