Top >  プロポリスとブラジル >  プロポリスの起源植物アレクリンとは何か?

スポンサードリンク

プロポリスの起源植物アレクリンとは何か?

ブラジル産プロポリスをつくる上で、ユーカリ以外にもう一つプロポリスの起源植物になっているのが「アレクリン」です。
この「アレクリン」というのはキク科の薬木ですが、ポルトガル語で「ローズマリー」という意味があります。たしかにローズマリーに似た植物ではありますが、その効果はローズマリー以上といわれています。
アレクリンの種類は数種類あり、日本でよく販売されているプロポリスをつくっているアレクリンは、「バッカリス・ドラクンクリフォリア」といいます。フラボノイドが豊富に含まれているアレクリンは、アルテピリンCも多く含まれています。
アレクリンやユーカリから作られたプロポリスは、グリーンプロポリスと呼ばれ緑がかった色をしています。これは、アレクリン・ユーカリの葉緑素がプロポリスを緑色にしているためなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとユーカリの関係とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスのオーストラリア産とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。