Top >  プロポリスとブラジル >  ブラジル産プロポリスの誤解とは?

スポンサードリンク

ブラジル産プロポリスの誤解とは?

ブラジル産プロポリスの質を語る上で、熱帯雨林という環境がよく言われていることの1つです。アマゾン河流域で良質なプロポリスが採取できるのは、高温多湿の劣悪な環境だからこそと言われています。
ところが、これ事実ではないと言われています。
実際に確認したわけではないのですが、実は、養蜂業はアマゾンのジャングル地帯で行われていないというこです。もちろんプロポリスも摂れません。劣悪な環境が、殺菌力のある良質なプロポリスを作るという理論は腑に落ちるのですが、ブラジルにいるアフリカ蜂化ミツバチは、元来プロポリスを多く集める種類のハチなのです。
またブラジルでプロポリスの採取がさかんな地域は、アマゾン河流域ではなく、中部高原地帯でミナスジェライス州の付近なのです。そのミナスジェライス州周辺は乾燥した高原気候なのです。
そもそも亜熱帯地域で重装備をして養蜂をするのは非常に過酷なことなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとブラジルの輸出事情とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとユーカリの関係とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。