Top >  プロポリスとブラジル >  プロポリスとブラジルの事情とは?

スポンサードリンク

プロポリスとブラジルの事情とは?

ブラジルでは、国内産業の育成において農業の中でも「養蜂業」に力を入れ始めたのは、1950年代のことでした。これにより養蜂業に関してプロジェクトが設けられたのです。
そのプロジェクトでは「強いミツバチ作り」が主題でした。なぜなら、それまでブラジルにいたミツバチはセイヨウミツバチは熱帯地域には適さない種類だったのです。

しかしブラジル北部・東北部の発展途上地域で養蜂するには、熱帯でも生息できる種類が必要だったのです。
そこでアフリカからミツバチを輸入し、研究し始めたのです。このとき、故意に放ったのか?逃げてしまったのか?細かいことは定かではないそうですが、アフリカミツバチが逃げ出してしまったのです。その後、ブラジルにいたセイヨウミツバチと自然交配されアフリカ蜂化ミツバチ(アフリカンビー)が誕生したのです。このアフリカンビーは世界最高といわれるブラジルのプロポリスを作り出すことになったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レッド(赤い)プロポリスとは?2  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスはブラジル向きなのか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。