Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスの熟成期間はどのぐらい?

スポンサードリンク

プロポリスの熟成期間はどのぐらい?

プロポリスの熟成期間は、短いものでは1ヶ月くらいから長いと数年までと製造メーカーによって様々で、幅が広いのです。
プロポリスの原塊から有効成分を抽出したあと、更にねかせることを熟成と言います。プロポリスはどうしても不純物が混ざることはさけられません。なぜなら自然な物質であるためです。
不純物の1つがハチ毒なのですが、プロポリスを長期で熟成することによって不純物を取り除きます。熟成によってハチ毒を消すには3年かかるいわれていますが、熟成期間が長ければ、プロポリスの有効成分含有量が増えます。熟成期間は最低でも1年以上が望ましいでしょう。3年以上の熟成期間を経たものはさらに良質なプロポリスになります。
プロポリスの熟成は木の樽で行われることが多いですが、木の樽はアミノ酸などの有効成分が溶け出して、プロポリス自身の有効成分の抽出を促進する効果があるのです。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと抗がん作用とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスのキャンディーもある?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。