Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスと抗がん作用とは?

スポンサードリンク

プロポリスと抗がん作用とは?

プロポリスは、抗がん作用が期待できるため日本で注目されたのです。
プロポリスが有効であったとされるがんの例としては、「胃がん」「肝臓がん」「皮膚がん」「子宮がん」「膵臓がん」「白血病」「前立腺がん」「肺がん」「膀胱がん」「皮膚がん」「子宮がん」といった、がんに作用したとされる報告があります。
プロポリスは抗がん剤と併用することにより、腫瘍がさらに抑制され、白血球の数の回復効果もあったと報告されています。また白血病においても、抗腫瘍性効果を「アルテピリンC」がもたらしたという報告があります。
「アルテピリンC」はプロポリスの成分の中で新たに発見されたもので、抗菌性が確認されています。その他、プロポリスの成分で、発ガン抑制作用があるという報告がされている「カフェ酸フェネチルエステル」という成分もあります。
ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとアピセラピーの効果とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの熟成期間はどのぐらい?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。