Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスとアピセラピーの効果とは?

スポンサードリンク

プロポリスとアピセラピーの効果とは?

プロポリスやミツバチの製品を使った治療のなかで「アピセラピー」という言葉があります。
ミツバチのさまざまな生産物による自然治療のことで、ラテン語でミツバチ治療という意味があります。具体的には、プロポリス・ハチミツ・ロイヤルゼリー、花粉・ハチの子といったものを利用した治療のことを指します。
また、アピセラピーの1つでたべるのではないのですが「ハチ針療法」というのものがあります。これは病気の治療にミツバチの毒に含まれる有効成分を利用するものです。
多発性硬化症、リウマチなどを治療するとされています。
アパミン、メリチン、アルカリフォスファターゼA2などが蜂毒に含まれる成分です。もともとのハチ針療法の由来は、ある養蜂家が誤って巣箱の上に倒れこみ全身を刺されててしまったことがあり、その後、神経痛の持病が治ったというところから始まったとされています。
ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスは何に効くの?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスと抗がん作用とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。