Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスのケルセチンとは何か?

スポンサードリンク

プロポリスのケルセチンとは何か?

プロポリスの原塊は褐色のアメのような物質です。この物質は様々な成分からできており、樹脂50%・ロウ30%・エーテル10%・花粉5%、その他ではフラボノイド・ビタミン・アミノ酸・脂肪・などなど300種類以上の成分が含まれています。その元はミツバチが植物からとってきた樹脂とミツバチの唾液などを混ぜて巣箱に塗られたものなのです。
プロポリスの成分の中で重要な主成分が「フラボノイド」という成分があり、これにはケルセチンなど約40種類が含まれています。
ケルセチンとは上記の通りフラボノイドの一種です。これは、多くの植物に含まれています。このケルセチンにはさまざまな薬理作用があることが最近知られてきました。中でも抗炎症作用・抗酸化作用といった作用が有効だとされています。また抗発がん作用の可能性も研究中だとされています。プロポリスは、このような有効成分のため、健康食品のなかでも人気があるものなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの様々な効果とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリス中のアルテピリンCの効果とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。