Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスのフラボノイドとは?

スポンサードリンク

プロポリスのフラボノイドとは?

プロポリスの主要成分の1つに抗酸化作用があることが知られている、フラボノイドがあります。活性酸素を抑制する働きを抗酸化作用とよびます。さらに、フラボノイドは免疫力を向上させる作用もあるといわれ、この免疫力が強くなれば自然治癒力も強化されます。
フラボノイドの役割は、植物の中でも抗酸化作用にあります。植物は普段から太陽の紫外線によって強い酸化ストレスを受けています。このため、活性酸素が発生してしまう危険が常時あります。そこで、植物は芳香性物質を分泌し身を守る手段としています。これはフィトンチッドと言われています。その主成分はテルペン類という天然有機物の複合体からなっています。
このような作用を駆使し、紫外線による酸化やウィルスなどの外敵から植物は身を守っているのです。そしてそれをミツバチが利用してプロポリスができているのです。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの原塊と条件とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとブラジルの輸出事情とは?  > 

         

更新履歴

アテニアBBクリームの効果についての口コミ
アテニアBBクリームの使い方をシェアします
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。