Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスについての日本癌学会の発表とは?

スポンサードリンク

プロポリスについての日本癌学会の発表とは?

日本癌学会の発表が、日本におけるプロポリスブームの火付け役となりました。
それは、国立予防衛生研の松野哲也氏からプロポリスの抗ガン効果について報告が1991年に開催された「第50回日本癌学会」においてあったためです。
また、それだけではなく、林原生物化学研究所がプロポリスの不活化作用を実験で確認したという報告が「第52回日本癌学会総会」でありました。
「がん」細胞の増殖を抑制する働きのことを不活化作用と言います。他にも「ブラジル産プロポリスの抗ウイルス作用」(「生薬学雑誌」1993)といった論文が発表されました。このようなこともあり、日本におけるプロポリスはブラジル産プロポリスが主な原料となっています。元来ヨーロッパのプロポリスは傷に対しての塗り薬として伝えられてきましたが、実際ブラジル産プロポリスのみ「がん」に対しての成分が確認されています。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと日本の関係とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスのアルテピリンC効果とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。