Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスの抗活性酸素作用とは?

スポンサードリンク

プロポリスの抗活性酸素作用とは?

プロポリスには様々な作用が確認されていて、その中の「抗酸化作用」というものがあります。
これは体内の活性酸素を除去するという作用をさします。活性酸素というのは、細胞を酸化し傷つけてしまい、体を老化させる現象を引き起こします。
痴呆の原因は、脳細胞の老化といわれています。また、活性酸素は老化させるだけではなく動脈硬化もひき起こします。遺伝子を傷つけると「がん」の原因にもなります。またいわゆる生活習慣病、心臓病・糖尿病といった病の原因にもなるとされています。
プロポリスには、このような現象を引き起こす活性酸素を除去する作用があるとされているのです。プロポリスの中にある「フラボノイド」「アルテピリンC」が「抗菌作用」「抗酸化作用」をもっているとされています。近年特に「アルテピリンC」は注目を集めています。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと「がん」  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとブラジル国土の関係とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。