Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスとケルセチンとの関係とは?

スポンサードリンク

プロポリスとケルセチンとの関係とは?

プロポリスには「ケルセチン」という成分が入っています。
ケルセチンというのはフラボノイドのうちフラボノールに分類されるポリフェノール化合物のことでフラボノイドのうちです。
ケルセチンは、柑橘類・タマネギ・ホウレン草・ケール・パセリ・リンゴ・赤ワイン・松の葉・ソバなどの食物中に多く含まれます。ケルセチンが有効なのは抗炎症作用だといわれています。これはヒスタミンの生成を抑えるためと考えられています。ヒスタミンは、かゆみや炎症の原因と言われています。
ヒスタミンは、水溶性のビタミン様物質でルチン・ヘスペリジンと合わせてピタミンPと呼ばれています。ピタミンPにはビタミンCの吸収を助ける作用があります。これによりコラーゲンの合成を促すとされます。
またあるいは抗がん作用があることも明らかになっています。アレルギーに対して敏感に反応してしまう免疫機構の働きを穏やかにする作用もあります。

ローヤルゼリーのスキンケア

山田養蜂場のプロポリス300お試しセット

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとハチミツの関係  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとアルテピリンCの関係とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。