Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスがもつフラボノイドの有効性

スポンサードリンク

プロポリスがもつフラボノイドの有効性

プロポリスに含まれるフラボノイドには共通している主な成分があります。
それは樹脂、バルサム、採集する時に混ざる蜜ロウ、エーテル油、花粉などです。


プロポリスの成分にはビタミン、ミネラルも豊富という宣伝がなされている場合がありますが、実験データでは微量とされています。しかし、フラボノイドや酵素類は多量に含まれています。
このフラボノイドの効果としては、神経をリラックスさせる抗ストレス作用や抗菌作用など多くの作用が確認されています。そのため、プロポリスには様々な身体の不具合や、症状に効果があるというイメージがついて回っています。

ただ、プロポリスのフラボノイドの有効性野中でも、過酸化脂質の増加を抑える作用があります。この過酸化脂質は、老化の原因となるといわれているのです。フラボノイドにはこの過酸化脂質の増加を抑える力があると言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 低価格プロポリス…とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスで花粉症を抑える  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。