Top >  プロポリスの効果と効能 >  地域によるプロポリスの成分差

スポンサードリンク

地域によるプロポリスの成分差

プロポリスは天然の産物なので、作られた地域の環境によって当然含まれる成分も大きく変わってくるのです。蜂の集める植物群も、気候も生産されるプロポリスに影響してくるのです。
プロポリスの生産地域を大きく分けると、ブラジル産とヨーロッパ産に大別できるでしょう。

ヨーロッパ産プロポリスとブラジル産プロポリスを比べると、成分全体に含まれる成分の種類を比べてみると、ヨーロッパ産プロポリスの成分数は、ブラジル産プロポリスのおよそ2/3程度しかないそうです。

中でも現在注目されているプロポリスの抗がん作用も、ブラジル産のプロポリスに限って作用が認められるそうです。

ただし、ヨーロッパ産プロポリスとブラジル産プロポリスのフラボノイドの成分割合を調べると、ブラジル産のものは10%に満たないのですが、ヨーロッパ産のプロポリスは20~30%もあるそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとフラボノイド  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの副作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。