Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリス中のアルテピリンCの効果とは?

スポンサードリンク

プロポリス中のアルテピリンCの効果とは?

プロポリスに含まれる成分で、重要な物質は「フラボノイド」です。フラボノイドは多くの働きを持った物質であることによく知られた事実です。
ところが最近フロポリスの研究進むと、プロポリスには「アルテピリンC」という物質が入っていることが解明されました。アルテピリンCはフラボノイドとはまた別のものです。
プロポリスに含まれている物質としてフラボノイドの他には、クレロダン系ジテンペン、ケルセチンやカフェ酸フェネチルエステルが知られています。1995年にプロポリスの成分中に「アルテピリンC」という物質が5%含まれていることがわかりました。これは林原生物化学研究所が、フラボノイドにアルテピリンCが含まれているのを発見したのです。
アルテピリンCにも抗菌・抗腫瘍作用があり、プロポリスの薬理作用は、フラボノイドだけではな

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスのケルセチンとは何か?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスクリームとは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。