Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスと口内炎について2

スポンサードリンク

プロポリスと口内炎について2

プロポリスの強い抗菌作用や抗炎症作用は口内炎の改善に有効ではあります。
また多くの方が経験されているように、口内炎は自然治癒が一般的なのですが、たまに潰瘍性大腸炎や尿毒症、ガン、白血病などの大きい病気の予兆である口内炎の場合もあるため、軽く考えることはおすすめできません。他にも、口内炎で食事が沁みるため、変に栄養が偏ってしまう場合も考えられます。
頻繁に再発したり、長期間完治しない口内炎の場合は、一度医師に診断してもらうことをおすすめします。
また、診断の結果病気の予兆ではないとしたら、辛い症状の改善には、プロポリスが有効です。
プロポリスには、有効成分のフラボノイドが豊富に含まれています。フラボノイドは強い抗菌作用や抗炎症作用を持ち合わせています。口内の粘膜が炎症してる状態の口内炎に対しては、炎症を抑え、症状の改善を行なうことができます。他にも、体内の免疫力も高める作用もあるプロポリスは、口内炎の再発防止にも有効でしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと口内炎について1  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとフラボノイド1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。