Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスの予防治療効果を山田養蜂場が発表1

スポンサードリンク

プロポリスの予防治療効果を山田養蜂場が発表1

ブラジル産プロポリスと主成分であるアルテピリンCが、神経線維腫を抑えることを、マウスを使った試験で確認したそうです。
株式会社山田養蜂場とハンブルク大学医学部の丸田浩教授との共同研究で明らかにしたそうです。

また、その作用のメカニズムの中に、がん細胞の増殖に関わるタンパク質 “PAK1”の活性を抑えることも明らかにしました。

プロポリスが効果的であるとされる神経線維腫症というのは、神経や皮膚を中心に異常が起こる病気のことをいうそうです。
神経線維腫症には1型、2型の2つのタイプがあります。
1型は体の神経線維にできた腫瘍がもとになって、できものやしみが皮膚にできてしまい、骨の変形、感覚傷害、身体的苦痛があります。
2型は神経でも、耳の器官を支配する神経に腫瘍ができてしまい、難聴やめまいを起こします。
この神経線維腫は、完治治療法が見つかっていません。神経線維腫の原因としては遺伝や、遺伝子の突然変異でも起こるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスと医師  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの予防治療効果を山田養蜂場が発表2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。