Top >  プロポリスの効果と効能 >  プロポリスと口内炎について1

スポンサードリンク

プロポリスと口内炎について1

プロポリスの抗炎症作用で、口内炎の治療と、その予防が可能になります。
口内炎には原因や症状でいくつか種類があり、一般的にできやすいものとしては、アフタ性口内炎といわれています。アフタ性口内炎というのは、患部が白っぽい潰瘍状になる口内炎で、ほとんどの方が経験している症状です。
他の口内炎としてはカタル性口内炎や、アレルギー口内炎等があります。
口内炎の原因としては、口内を誤って噛んだり、火傷した時がよくありますが、疲労や体調不良なども原因となります。
プロポリスの成分であるフラボノイドは、強い抗菌作用や抗炎症作用があり、これらが口内炎に作用するのです。
口内炎は誤って噛んだりする以外に、栄養不足や栄養バランスの乱れが原因でも発症します。
プロポリスを飲むだけでなく、口内炎の炎症を治すためには、バランスのとれた栄養を摂ることが必要です。 またプロポリス配合歯磨き粉を使うと口内炎の予防と、改善に有効でしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスとアトピーについて2  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスと口内炎について2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。