Top >  プロポリスとは? >  プロポリス研究者協会

スポンサードリンク

プロポリス研究者協会

プロポリスの研究者たちが集まって、1997年に「プロポリス研究者協会」という組織が作られました。このプロポリス研究者協会は「プロポリス研究者の交流・情報交換を目的とし、もってプロポリスの研究を促進し、かつ社会的啓蒙・普及活動を通じて 人類の健康に寄与する」という目的でつくられた組織であると、会則に書かれています。
プロポリス学術講演会は毎年開催されており、これまでさまざまな研究が発表されてきました。日本のプロポリスの歴史は1985年からですが、そのプロポリス研究といっても、その範囲は広く「植物学」「ミツバチ科学」「生科学」「医薬学とその臨床」などなど多岐に渡ります。
プロポリス学術講演会での研究発表では、松野哲也氏(癌学会)の「プロポリス中の新規化合物の抗腫瘍活性」、鈴木郁功氏(生薬学会)の「水抽出プロポリスによる免疫能力促進」、林原生物化学研の「アルテピリンCの抗腫瘍活性」などプロポリスの研究成果は着実に前進しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスブームのきっかけとは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスとミツバチの巣  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。