Top >  プロポリスとは? >  プロポリスは天然の抗生物質?

スポンサードリンク

プロポリスは天然の抗生物質?

プロポリスに含まれる成分は300種類以上あるとされています。
その中で大まかな種類に分けると、次の6種に分けられます。
それは、「フラボノイド」「フェノール酸」「テルペノイド」「ケイ皮酸誘導体」「有機酸ミネラル」「アミノ酸」などです。
「フラボノイド」も「フェノール酸」も抗酸化作用があるポリフェノールの一種です。さて一口にフラボノイドといっても、この中でさらにいくつもの種類に分かれており、それらは「ケセルチン」「ケンフェノール」「アカセチン」などです。
プロポリスの成分の中でも、特にケセルチンの働きは重要です。ケセルチンには抗アレルギー作用があり、アレルギーを引き起こすヒスタミン物質を抑える働きがあります。もちろん抗酸化作用もあり、抗がん作用も期待されます。
テルペノイドにはクロレラン系ジテルペンがあり、これにも抗酸化作用があります。
プロポリスは、このような様々な成分を含んでいるので別名「天然の抗生物質」とも言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスソープ・プロポリス石鹸とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリス商品とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。