Top >  プロポリスとは? >  プロポリスの熟成とは?1

スポンサードリンク

プロポリスの熟成とは?1

プロポリスの生成は時間が関係しています。
プロポリスは熟成させる必要があるのです。熟成に使用する容器によって有害な物質が溶出したり、味が変ったりすることがあります。現在使用される容器には「木」「プラスチック」「ポリエチレン」「ドラム缶」「塩化ビニール」などがあります。この中で「木」以外では有害な物質が溶出する可能性があり、そのため「木の樽」をい使用して熟成させることがいいとされています。

「木の樽」の場合、有害物質が溶出することがありません。木はさらに温度を一定に保つ機能や、また紫外線を遮断する効果もあります。紫外線を浴びることは、プロポリスにとって重大なことであって、プロポリスの重要な成分であるフラボノイドが分解されてなくなってしまうのです。その他にも、アルコールが飛び、まろやかになるともいわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの成分表記について  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスの熟成とは?2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。