Top >  プロポリスとは? >  プロポリスの超臨界抽出法とは?

スポンサードリンク

プロポリスの超臨界抽出法とは?

プロポリスの抽出方法では様々な手法があります。
その1つに「超臨界抽出法」があります。この方法では、「天然の色素」「香気」がそのまま保存されたプロポリスが製造できます。
この方法で抽出された、プロポリスはプロポリス特有の刺激臭や苦味は、アルコール抽出法で取り出されたプロポリスと比べると軽減されています。
「超臨界抽出法」は、二酸化炭素を、35度から40度の温度で超高圧を加え気体でもなく液体でもない超臨界流体状態とします。この状態でプロポリスの原塊からエキスを抽出するのです。
これを無酸素状態で自然のままでプロポリスを抽出すると、脂溶性ジテルペンやテルペノイドも抽出することができます。アルコール抽出法や水抽出法では、ジテルペンは取り出しにくい成分なのです。このジテルペンが多く含まれるプロポリスは「超臨界抽出法」の特徴の1つです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスのミセル化抽出法とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスのジテルペンとは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。