Top >  プロポリスとは? >  プロポリスとミツバチ

スポンサードリンク

プロポリスとミツバチ

プロポリスはミツバチが作り出します。
ミツバチの構成は一匹の女王バチと数万匹のメスバチ、いわゆる働きバチと約1000匹のオスバチから成立しています。働きバチは花粉などを食べて育ちますが、女王バチはローヤルゼリーを食べて育ちます。
しかし、普通のメスバチがローヤルゼリーを食べると、女王バチに成長するのです。女王バチも実は始めは普通のミツバチなのです。
近年、女王バチとメスバチのゲノムは同じであることがゲノム解析により明らかになりました。メスバチの役割は花の蜜を集めて加工して巣に貯めておいたり、プロポリスで巣を作ったり巣の掃除や幼虫の世話などです。ミツバチの種類によっては植物の樹脂を集めてきてプロポリスを作りまが、アフリカミツバチがそのうちのひとつです。交尾のために存在してるようなオスバチは、ローヤルゼリーやハチミツを食べて育ちます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの環境懸念とは?  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスはミツバチがつくる  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。