Top >  プロポリスとは? >  プロポリスと人間の歴史

スポンサードリンク

プロポリスと人間の歴史

プロポリスを生産する蜂は病気になってもほとんど治ってしまうといわれています。これは薬効のある樹液を集めるからという説が有力ですが、ミツバチも人工飼料で飼育すると病気にかかる確率が高くなる…という養蜂業者もいます。
プロポリスの薬効というのはやはり認めざるを得ないとおもわれます。

プロポリスを人間がどのように利用してきたか?と歴史を紐解くと、古代エジプトではミイラの防腐の役目としてプロポリスを、古代ギリシャ時代はケガ、やけど、皮膚炎などの処置にプロポリスを、ヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」にも、プロポリスが使われていたという話など枚挙に暇がないほどです。

プロポリスはもっと古くから…アリストテレスや、ギリシャの医学者ディオスコリデス、ヒポクラテス、プリニウスもプロポリスに言及していたり、中国・明時代の薬草書にも記述があるそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロポリスの抗菌効果  |  トップページ  |  次の記事 プロポリスと医師  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

モギカバン ランドセルの購入アドバイス
アテニアBBクリームでお肌の悩みを解決
デザイナーの仕事
フコイダン効果!
プラセンタQ&Aラボ
サーマクール効果ってどうなの?
メタボリックシンドローム診断と予防
更年期障害の症状
ふつうのデザイン
自閉症とは
校正
糖尿病と戦う
モギカバン ランドセルの通販 購入前の疑問に答えます
ヒアルロン酸効果!
ユーキャン・資格の泉
自動車保険を比較する前に!
このページについて

このページは「プロポリス・もっと詳しく!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。